保育園について

神楽保育会の保育基本目標には、「家庭的な雰囲気の中で心も体も健康な子どもを育てよう」という創立者の言葉が掲げられています。

幼児期における「遊びの重要性」は、”体“、”社会性“、”知覚“のそれぞれの基礎が多種多様な遊びのなかで育つところに
大きな意義があります。

< からだを育てよう >
・体を知る ・鍛える ・基礎体力(敏捷性、柔軟性、瞬発力、平衡性、筋力)を身につける
< 社会性を育てよう >
・協調性 ・自主性 ・責任感 ・仲間づくり ・役割の理解 ・ルールの理解 ・競争力 ・コミュニケーション力
< 知覚を育てよう >
・認知、理解力 ・集中力 ・創造力 ・想像力 ・好奇心 ・意欲

以上のような観点から、もっと日常化した中で体育・運動あそびを通して健康・体力の問題に積極的に取り組むために、
教育・保育の中に専門家の指導のもと「体操教室」を導入しています。(月2日、幼児クラス)
絵画の専門の先生による絵画教室も導入しています。(月1回、幼児クラス)
また、わらべうたを通して、日本の伝承あそびも取り入れています。

保育理念

乳幼児の最善の利益を第一に考え、保育を通してその福祉を
積極的に増進するよう努めます。

家庭的な雰囲気の中で豊かな人間性を持った子どもを
育成します。

一人一人の子どもを受け入れその家庭を受け入れます。

保育方針

子ども一人一人を尊重し、保育教諭との愛着関係を築くことで
安定したこども園生活を過ごせるようにする。
特に乳児保育においては担当制保育を実施し、特定の保育教諭
との情緒的な絆を形成していきます。

食育を進め、運動と休息のバランスをとりながら丈夫な
体づくりをしていきます。

保育目標

『いのちを大切にする子供』
・こころもからだも元気な子ども
・考えて行動できる子ども
・豊かに感じとり、表現できる子ども

  • 保育内容
  • 保育園紹介
  • 保育について